1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. Assetz スタートアップガイド
  4. スタートアップガイド
  5. 初期設定の流れ

初期設定の流れ

事前準備

Assetzでは、アイテムとその利用もしくは、置いておく
・場所(ビルやフロアなど)
・組織(本社・支社や部署・グループなど)
・ユーザー
を紐付けて情報管理をします。

まずは、この場所・組織・ユーザーから登録からはじめましょう。

 

1. 場所の登録

アイテムに使用場所や非使用時の保管場所を紐付けるために「場所」の登録が必要でです。
アイテムに場所を紐付けることで、使用場所や保管場所が明確になるためスムーズにアイテムを探すことができるようになります。

 

2. 組織情報の登録

アイテムの管理責任部門や使用部門を設定するために「組織」の登録が必要です。
アイテムに組織を紐付けることで、管理責任が明確となり所在などの調査がスムーズに行えます。

 

3. ユーザーの登録

Assetzを利用するユーザーを追加します。
社員はもちろん、機能を制限された権限を付与することで税理士などの外部の方のユーザーを作ることも可能です。

 

アイテムの登録

事前準備が終れば次はいよいよアイテムの登録です。

登録の仕方は2つあり、現在運用されている備品リストや資産管理台帳を一括で移行する方法。

スマートフォンアプリを利用した登録方法があります。

 

1. 備品リストや固定資産台帳の移行

AssetzではExcelを用いたアイテムの一括登録機能が用意されています。
この機能を利用することで、今お使いの備品リストや固定資産台帳を簡単にAssetzへ移行することができます。

 

2. スマートフォンアプリを利用したアイテムの登録

Assetzではアイテムを登録するためのiOSアプリが用意されています。
このアプリでは、JANコードをカメラで読み取ることで製品情報が自動でセットされるなど、入力支援が充実しています。

 

この記事は役に立ちましたか? はい 1 いいえ

お知らせください